目黒区にお住いのあなたのホームセラピスト。痛くない身体にやさしい整体で腰痛肩こり改善の実績が多数あります。

学芸大学ゆらし療法院


施術日記症状に対する考え方

肩痛(四十肩・五十肩)のお客様が来院されました

左肩の痛み(いわゆる四十肩、五十肩)で、40代の女性のお客様が来院されました。夜間痛や動作などがなくても痛むという一番ひどい時期は過ぎたものの、痛みによる可動域制限が強くあり、体側で腕をあげる(外転す...

続きを見る

ぎっくり腰、実は・・・

よくいらしていただいている60代前半の男性が二ヶ月ほど前に、いつになく辛そうに「先生、ぎっくり腰やっちゃいました。」と来院されました。デスクワークをしていて、ちょっと奥に置いてあった書類を持ち上げよう...

続きを見る

肉離れだったお客様よりお土産いただきました

一月中旬に女性の方がふくらはぎの肉離れで来院されました。この様な状態でも会社を休むわけにはいかないと杖をつきながら、かなり無理しての来院でした。お話を伺うと受傷されたのは一週間以上前で、他の治療院に行...

続きを見る

半月板損傷、7回の施術を終えて

10月末から半月板損傷のお客様が通院されています。8月末頃から左膝が痛くなり整形外科に行って精密検査(MRI)と受けたところ、半月板損傷と診断されたとのことです。最初に当院にいらした時には、何もしなく...

続きを見る

肩痛→股関節痛→腰痛(座骨神経痛)。痛みが移動する??

先月より当院に通ってくださっている60代の女性のお客様。当初は、右肩痛ということでご来院されました。最初の施術でその痛みはほとんど取れたのですが、念のためということで次回の予約をされてお帰りになりまし...

続きを見る

首肩痛のお客様が来院されました

先日、20代の男性のお客様が首から肩にかけての痛みが酷いということで来院されました。首の前後の可動域が非常に狭く、前方向には時計でいうと1時(30°)くらいに傾けただけで痛みが出てそれ以上倒せ...

続きを見る

腰痛のお客様が来院されました

時々腰痛になる方が、一週間ほど前に床に座って少し無理な姿勢でお子様と遊んでいたら、翌日から痛みが出てきたということで来院されました。肋骨の下の辺り、背骨の左横に痛みが出るということで、触らせていただく...

続きを見る

紫斑病施術記録 #1

4月末から紫斑病で当院に来られていたお客様が、先日めでたく卒業となりましたので、許可をいただき経過のご紹介をします。紫斑病にお悩みの方の参考になれば幸いです。【お客様】40代女性会社員事務(パソコンな...

続きを見る

首痛のお客様が来院されました

先日、首痛がひどいという女性のお客様が来院されました。3ヶ月ほど前からお仕事で着物を着用するようになってから、だんだん痛くなってきたとのこと。検査してみると、肩の筋肉がコチコチの状態で、首を左向きに回...

続きを見る

ふくらはぎ肉離れのお客様が来院されました

ふくらはぎの肉離れでプロゴルファーの方が来院されました。最初の来院日のちょうど一週間前に子供達に野球を教えている最中に「ぶちっ」と音がして歩けなくなったとのことでした。お医者様には『全治二ヶ月』と言わ...

続きを見る

腰痛にもたくさん原因があります

何を今更と言われてしまいそうですが、「腰が痛い」といっても、症状や原因は本当に人それぞれで千差万別です。今回は、一見同じような症状の腰痛の原因がどれだけ違うのかというのを理解してもらうため、今年当院に...

続きを見る

ぎっくり腰のお客様が来院されました

先日、週末明けの月曜日に「腰痛がある」ということで、初めてのお客様が来院されました。お電話での声のトーン(しっかりしている)や、来院された際の姿勢(やや猫背)や歩き方から、当初は慢性的な腰痛だと思われ...

続きを見る

オスグッド:サッカーの試合にフル出場!

先日来院された中学2年生の男子。サッカー部に所属しています。一か月ほど前から左膝が痛むようになり、お医者様に行ったところオスグッドと診断され、痛みが無くなるまで部活はお休みするように言われたそうです。...

続きを見る

股関節を整えています

当院では、お客様の症状によらず、必ずいれている施術がいくつかあります。その一つは以前にも書きましたが「内臓」です。内臓は活力や自然治癒力の源です。この働きが悪くなると全てが悪循環になっていきます。内臓...

続きを見る

ギックリ腰になったらとにかく休みましょう

ギックリ腰には大きく分けて二つのタイプがあります。一つ目は、椎間板ヘルニアのような病気が急激に悪化するタイプ。二つ目は、全身疲労が腰まわりの筋肉の急激な緊張となって現れるタイプです。前者の場合には、基...

続きを見る

シーバー病の男の子が来院されました

ミニバスケットボールをやっている小学校6年生の男の子が、踵(かかと)痛で来院されました。お医者様には、踵骨骨端症(シーバー病)と診断され、練習をお休みするように言われたそうです。シーバー病は成長痛の一...

続きを見る

足底のしびれ

先日、足底に痺れ(しびれ)があるというお客様(男性)が来院されました。今年の初頭に、おしり、太腿の外側、脛の内側に痛みと痺れが出て歩くのがやっとという状態になったそうです。先ず整形外科に行き骨には異常...

続きを見る

運動しないのにオスグッド?

オスグッドは成長痛ともよばれ、スポーツをやっている成長期の子供たちに多く見られる膝の病気です。膝小僧の少し下の脛骨粗面と呼ばれる場所が隆起して痛む病気で、スポーツをお休みし、安静にすることが第一とされ...

続きを見る

思わぬところに効果が・・・

先日、40代前半の女性が「腰が痛くなりそう」ということで来院されました。腰痛に向けた施術を重点的に行って「腰痛の予兆」もなくなり、「軽くなりました!」と帰宅されました。翌日、たまたまお会いする機会があ...

続きを見る

頭・首・肩の症状

多くの筋肉に囲まれている頭の症状頭は全身をコントロールする中枢である『脳』を納めた人間にとって最も重要なところの一つです。さわると硬く、皮膚の下は頭蓋骨なんじゃないかと感じる頭ですが、実はたくさんの表...

続きを見る

腕・肘・手の症状

肘の症状(テニス肘、ゴルフ肘、野球肘、、、)手や腕を酷使するスポーツをやっている人はもちろんのこと、介護士や保育士の方々に、テニス肘、ゴルフ肘、野球(ピッチャー)肘と呼ばれる肘痛に悩まされている方は多...

続きを見る

腰・股関節の症状

腰の症状腰痛、日本人の3人に2人は悩まされた経験があるという、まさに国民病と言っても過言ではない症状です。原因も千差万別、人それぞれなのですが、この腰痛も根本原因が腰にないという場合がとても多い症状で...

続きを見る

脚・膝・足の症状

膝の症状膝は股関節と足首という二つの重要な関節に挟まれた所に位置する関節であり、肘と同じように、股関節に問題があっても、足首に問題があってもしわ寄せがくるというとても症状が出やすい場所になります。加え...

続きを見る

内臓・その他の症状

活力の源は内臓から、その症状に対する当院のアプローチ整体というと、筋肉・骨格系の症状に対してだけ有効というイメージがあるかもしれませんが、ゆらし療法は、冷え性のような内臓由来と思われる症状や、紫斑病の...

続きを見る

学芸大学ゆらし療法院のご案内

住      所:
〒152-0004 東京都目黒区鷹番3丁目1-3 リエール鷹番501
アクセス:
学芸大学駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
03-5708-5332
営業時間:
土曜日: 10:00〜19:00
日曜日: 10:00〜17:30
休業日:
月曜日~金曜日、不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ