目黒区にお住いのあなたのホームセラピスト。痛くない身体にやさしい整体で腰痛肩こり改善の実績が多数あります。

学芸大学ゆらし療法院


腰・股関節の症状

腰の症状

腰痛、日本人の3人に2人は悩まされた経験があるという、まさに国民病と言っても過言ではない症状です。原因も千差万別、人それぞれなのですが、この腰痛も根本原因が腰にないという場合がとても多い症状です。

腰痛の原因が、骨盤のゆがみや股関節の問題に由来していることは珍しくないですし、意外なところでは腰からかなり離れた首だったり、足の裏に原因があったなどという症例も見受けられます。

 

ぎっくり腰の多くは全身疲労から

蓄積された全身の疲労が腰の筋肉の急激な緊張を生み、激痛を発するぎっくり腰のようなケースもあります。ぎっくり腰は、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などの器質的疾患の急性増悪によって発生する場合もあります。この場合には、当院での手技療法では対応することができず、医師による治療が必須となります。一度は病院に行かれ、きちんと検査されることをお勧めいたします。器質的疾患がないことが分かれば、当院で安心して施術を受けていただくことができます。

一方、病院にて椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などと診断された場合でも、当院での施術法にて痛みを軽減し、日常生活を問題なく行えるようななった症例は数多くあります。
 

当院のアプローチ

当院では、下半身の土台は骨盤であり、その骨盤を支えるのが股関節という考えから、股関節の調整をとても重視しています。(これは腰痛に限った話ではなく、肩など上半身の症状に対しても同様です。)その上で、筋肉のつながりを意識した検査・施術を行い、腰痛の根本原因を調整していきます。しっかりとした土台がない限り、いくらその上の建物を直しても、またすぐに建物にガタがくるのはお分かりいただけると思います。座骨神経痛や脊柱管狭窄症に対しても同様の考えでアプローチしており、多くの回復例があります。
 

代表的な症例

  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 股関節症
  • 大腿骨頭壊死症
  • 坐骨神経痛
  • 椎間板ヘルニア
s_youtsu_woman.pngs_sick_gikkurigoshi_man.png
 

学芸大学ゆらし療法院のご案内

住      所:
〒152-0004 東京都目黒区鷹番3丁目1-3 リエール鷹番501
アクセス:
学芸大学駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
03-5708-5332
営業時間:
土曜日: 10:00〜19:00
日曜日: 10:00〜17:30
休業日:
月曜日~金曜日、不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ