目黒区にお住いのあなたのホームセラピスト。痛くない身体にやさしい整体で腰痛肩こり改善の実績が多数あります。

学芸大学ゆらし療法院


シーバー病の男の子が来院されました

成長痛・シーバー病・踵骨骨端症
ミニバスケットボールをやっている小学校6年生の男の子が、踵(かかと)痛で来院されました。

お医者様には、踵骨骨端症(シーバー病)と診断され、練習をお休みするように言われたそうです。

シーバー病は成長痛の一つであり、小中学生のスポーツをやる子供がかかりやすい病気です。(膝に痛みが出るのがオスグッド病、踵に痛みが出るのがシーバー病です。)
運動に伴うアキレス腱の張力と足底筋膜の張力、そして踵からの衝撃により、踵に非常に負担がかかり、障害に発展してきます。

この男の子の場合、意外なことにジャンプする際には痛みがでないのですが、走り出す際の、足を蹴る瞬間に痛みがでます。そのためここ一か月ほとんど練習ができず、試合時もベンチを温めるのみという状況だったそうです。

全身を緩めた後に、股関節から下を重点的に緩めました。
初回は、2割程度しか痛みを軽減できませんでしたが、2回目に、脛と足底の筋肉、さらに足の指先まで細かく丁寧に緩めた結果、8割方痛みを取ることができました。

そして、その週末にあった練習試合では3ピリオド(つまり出られる全て)出ることができたそうです。 良かったネ!

子供は回復力がすごいので、痛みを取りきらなくても、ある程度回復させることができれば、あとは自力で良くなっていきます。 

若いってすばらしい(^^)v

学芸大学ゆらし療法院のご案内

住      所:
〒152-0004 東京都目黒区鷹番3丁目1-3 リエール鷹番501
アクセス:
学芸大学駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
03-5708-5332
営業時間:
土曜日: 10:00〜19:00
日曜日: 10:00〜17:30
休業日:
月曜日~金曜日、不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ