目黒区にお住いのあなたのホームセラピスト。痛くない身体にやさしい整体で腰痛肩こり改善の実績が多数あります。

学芸大学ゆらし療法院


運動しないのにオスグッド?

オスグッドは成長痛ともよばれ、スポーツをやっている成長期の子供たちに多く見られる膝の病気です。
膝小僧の少し下の脛骨粗面と呼ばれる場所が隆起して痛む病気で、スポーツをお休みし、安静にすることが第一とされています。(頑張っている子供達にはとても辛いですね。)

その原因についてですが、主に足を伸ばす動作(サッカーのボールを蹴る、水泳で水を蹴るなど)のために、太腿の前面に大腿四頭筋という大きな筋肉があります。この筋肉は、脛骨粗面に付着しており、収縮することによって足をぴんと伸ばします。
成長期(小学4年生~中学)の子供の脛骨粗面は、軟骨成分が多く変形しやすいため、スポーツなどによって大腿四頭筋の強い収縮が繰り返し起こると、接続部分が何度も何度も強く引っ張られることになり、脛骨粗面の隆起が起こってきます。同時に、小さな剥離骨折が起こることにより痛みが発生します。

では、スポーツをしない子供はオスグッドにならないのでしょうか? というとそうではありません。

例えば自転車。
「中学生になったら新しいの買ってあげるから。」とでも言われているのでしょうか。小さな自転車に無理して乗っているお子さんをよく見ますね。太腿を高い位置まで持ち上げ踏み込むという動作を繰り返しています。これは大腿四頭筋にとても負荷をかける動作で、当然脛骨粗面が異常に引っ張られることになります。

あと、姿勢。
お子さんは、あぐらをかいて足の上に3DSを置いて、背中を丸めてゲームやっていないでしょうか?
太腿の前面にある大腿四頭筋の中心である大腿直筋や縫工筋は骨盤と脛骨をつないでいます。背中を丸めた姿勢でゲームをしていると、骨盤が後傾しますね。するとこれらの筋肉が常に引っ張られることになり、脛骨を引っ張り付着部に負担をかけます。

ということで、無理な動作、悪い姿勢を繰り返していると、スポーツをやっていなくてもオスグッドになる場合があります。
よく言われることではありますが、良い姿勢と身体にあった道具を使うというのがこのような病気の予防に大変有効です。

最後に少し宣伝ですが、無痛ゆらし療法はオスグッドはとても得意です。
早い回復が見込まれますよ。

学芸大学ゆらし療法院のご案内

住      所:
〒152-0004 東京都目黒区鷹番3丁目1-3 リエール鷹番501
アクセス:
学芸大学駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
03-5708-5332
営業時間:
土曜日: 10:00〜19:00
日曜日: 10:00〜17:30
休業日:
月曜日~金曜日、不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ