目黒区にお住いのあなたのホームセラピスト。痛くない身体にやさしい整体で腰痛肩こり改善の実績が多数あります。

学芸大学ゆらし療法院


腰痛にもたくさん原因があります

何を今更と言われてしまいそうですが、「腰が痛い」といっても、症状や原因は本当に人それぞれで千差万別です。

今回は、一見同じような症状の腰痛の原因がどれだけ違うのかというのを理解してもらうため、今年当院に来院されたお客様の中から比較的症状が近いものを選んでご紹介します。

紹介するお客様の共通の症状は、「腰の中央(仙骨の真上)付近が重たく、前にかがむ動作(前屈)をすると痛みが出る。」です。

お客様1: 40代女性、主婦
(症状)
2か月ほど前に自宅で掃除機をかけていた際に、大きめのゴミを拾おうとして腰をかがめたらパキッと音がして、それ以来、上記の症状と、左太ももに時々軽い痺れが出る。
(検査)
最初に股関節の検査であるパトリックテスト(整形外科的検査法)を行ったところ左が陽性。
原因となる可能性のある筋肉を検査したところ、大臀筋◯、大腰筋◯、太ももの筋肉群◯が引っかかりました。
(施術)
まずうつ伏せにて大臀筋を緩め、その後仰向けにて身体全体をおおまかに緩めます。
その後、左下肢、左股関節、大腰筋を重点的に緩めました。
(結果)
このお客様の場合、主な原因は左股関節の周辺の筋肉の緊張にありました。
初回の施術で、痛みが10 → 2に減少。3回の施術で痛みはほぼ無くなりました。
その後3回のメンテナンスを経て戻りがないことを確認し卒業。(期間:1ヶ月半)

お客様2: 40代男性、自営業
(症状)
かなりハードな筋トレをいつも行われています。
1か月ほど前から、上記の症状と、身体を左に回すとちくんとした痛みが出る。
(検査)
パトリックテストは両方共に陰性。
原因となる可能性のある筋肉を検査したところ、大臀筋◯、大腰筋◎、小胸筋◯が引っかかりました。
仰向けで膝を屈曲するテストにて、左側の大腰筋の出力が弱いことが判明。
(施術)
まずうつ伏せにて大臀筋を緩め、その後仰向けにて身体全体をおおまかに緩めます。
その後、両下肢、特に左側大腰筋を徹底的に緩めました。
(結果)
このお客様の場合、主な原因はいわゆる腰の筋肉(インナーマッスル)の緊張にありました。
最初の施術で、痛みが10 → 1に減少。2回の施術で、痛みはほぼ無くなりました。
その後1回のメンテナンスを経て卒業。(期間:3週間)。

お客様3: 60代男性、会社員
(症状)
デスクワークがほとんどで、ノートパソコンのディスプレイを前屈みになって覗き込む姿勢がとても多いとのことです。
1年ほど前から上記の症状。じっとしていても常に腰に違和感があり、前にかがむと痛みがでます。
(検査)
パトリックテストは左側が陽性。
原因となる可能性のある筋肉を検査したところ、大臀筋◯、大腰筋◎、斜角筋◎が引っかかりました。
さらに右側の骨盤が下方向にずれていました。
(施術)
まずうつ伏せにて大臀筋を緩め、その後仰向けにて身体全体をおおまかに緩めます。
その後、両下肢、左股関節、大腰筋、頸部を重点的に緩めました。
最後に骨盤のゆがみを再検査して、まだゆがみが残っていたので調整。
(結果)
このお客様の場合も、主な原因は腰の筋肉の緊張でしたが、首の筋肉の緊張にも原因がありました。
来院当初は施術すると、痛みが10 → 3と大幅に減少するものの戻りが大きかったため、最初の3回は3日毎、その後週1回の間隔で施術を行ないました。5回目で何もしていなくても出る違和感はなくなり、日常生活で困ることはほとんどなくなったとのこと。
前屈時の痛みが取りきれないので、週1回のペースで継続中。(期間:これまで約1ヶ月半経過)

※施術効果には個人差があります。

学芸大学ゆらし療法院のご案内

住      所:
〒152-0004 東京都目黒区鷹番3丁目1-3 リエール鷹番501
アクセス:
学芸大学駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
03-5708-5332
営業時間:
土曜日: 10:00〜19:00
日曜日: 10:00〜17:30
休業日:
月曜日~金曜日、不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ