目黒区にお住いのあなたのホームセラピスト。痛くない身体にやさしい整体で腰痛肩こり改善の実績が多数あります。

学芸大学ゆらし療法院


ぎっくり腰、実は・・・

よくいらしていただいている60代前半の男性が二ヶ月ほど前に、いつになく辛そうに「先生、ぎっくり腰やっちゃいました。」と来院されました。

デスクワークをしていて、ちょっと奥に置いてあった書類を持ち上げようとしたら「ぎくっ」といったとのことです。歩けない程ひどくはないのですが、コルセットをされて腰に手をあてながらゆっくりゆっくり歩いて来られました。 


なるほどお身体を触らせていただくと、お尻(大臀筋、中臀筋)、太ももの裏側(ハムストリングス)、腸腰筋などがひどく緊張していました。ゆっくり穏やかに施術を進め立ってもらったら、楽になったと言うものの、前後屈はまだほとんどできない状態でした。お風呂に何回も入ることを勧めさせていただいて、この日はお帰りになりました。翌週また来院いただいたのですが、刺すような痛みはなくなったとのことですが、可動域に大きな改善は見られません。 

おかしい。 

この日も筋肉は緩みましたが、初回と同じ程度の改善しかみられませんでした。こんなに変化が出ないのはおかしいので、整形外科の受診を提案しました。翌週、また来られましたが、忙しくて医者には行っていないとのこと。緩めて、牽引して、腰回りは楽にできるものの、状況に大きな変化はありません。 

やっぱりおかしい。 

お客様もギックリ腰が3週間も長引くのはおかしいと考えられて、必ずお医者様に行きますとのことでした。その翌週は来院されなかったので、メールで聞いて見たところ、なんと腰椎の5番が圧迫骨折していたとのことで、コルセットで数ヶ月固定が必要とのことでした。 

ここにも書きましたが、ギックリ腰の原因には全身疲労の場合と、少数ながらも器質的疾患が急性に増悪する場合とがあります。今回のお客様は後者でした。ギックリ腰の場合には、先ずは病院で診てもらっていただいて、疾患がないことを確認いただいた上で、当院のような整体院に来院されることをお勧めいたします。お客様にとっても安心ですし、我々施術家にとっても自信をもって施術に専念できます。

最後にこのお客様ですが、現在コルセットを着用する生活をされているわけですが、2週間後からまた来院されています。コルセットにる動作制限がある生活をしていると、やはり無理がかかる部分が出てきます。患部には決して触りませんが、周辺の緊張をほぐして行くことによって、バランスが整い、生活も楽になりますし、回復も早まることが期待されます。

学芸大学ゆらし療法院のご案内

住      所:
〒152-0004 東京都目黒区鷹番3丁目1-3 リエール鷹番501
アクセス:
学芸大学駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
03-5708-5332
営業時間:
土曜日: 10:00〜19:00
日曜日: 10:00〜17:30
休業日:
月曜日~金曜日、不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ