目黒区にお住いのあなたのホームセラピスト。痛くない身体にやさしい整体で腰痛肩こり改善の実績が多数あります。

学芸大学ゆらし療法院


(腰)ぎっくり腰

ぎっくり腰のほとんどは全身疲労が原因

ぎっくり腰は、重たい物を悪い姿勢で持ったり、身体を急に捻った時などに起こる急性の腰痛の通称です。正式には「急性腰痛症」と言われます。欧米で「魔女の一撃」と呼ばれるほど急激な痛みが腰を襲い、冷汗が出て、立つことはもちろん、ひどい場合には寝返りさえできなくなります。

ぎっくり腰 ぎっくり腰のほとんどは、全身疲労による臀部(骨盤周辺)、腰背部、肩甲帯(肩甲骨周辺)、頸部の筋肉の異常緊張が原因と考えています。緊張し固くなった筋肉を、急に動かしたりする時に、強い痛みでそのまま動けなくなったりします。全身疲労がピークに達している状態では、重たい物でなくても、歯ブラシを持つだけでも限界を超え、激痛で動けなくなることもあります。

当院のアプローチ

当院では、痛みを最小化できる姿勢をしてもらい、筋肉に余計な負荷を加えないやさしい施術で、筋肉の異常緊張を取る事で、痛みや背中のゆがみを解消していきます。関節がある程度動かせるようになってくれば、仰向け、うつ伏せ、立てるようにもなってきます。また、施術を重ねることにより、身体がリラックスし、緊張状態から解放されることで、緊張の解消と共に、疲れが溜まりづらい状態になっていきます。

しかしながらすでに述べたように、ぎっくり腰は身体の全身疲労が、腰背部の激痛として現れたケースがとても多いです。その場合、施術により動けるようになっても、それは筋肉の異常緊張が和らいだだけのことであり、疲労が回復できたわけではありません。身体は依然として休息を欲しています。決して無理をせず、最低でも2、3日はペースを落として生活してください。ここで無理をされて再度ぎっくり腰になった方を何人かみてきましたが、最初よりも確実にひどい状態になります。ご注意ください。

また、ぎっくり腰は、椎間板ヘルニアや脊柱すべり症などの背骨周辺の病気が急激に増悪して起こるケースもあります。これらの場合は、当院では対応できません。過去に一度でもこれらの病気の診断を受けたことのある方、ない方でも疲労感もまるでないのにいきなりぎっくり腰になったという方は、先ずは病院に行き、医師の診断を受けるようにして下さい。骨に異常は見られないと診断されたものの回復が遅い場合には、すぐにでもいらして下さい。

当院では、症状がひどい方には出張施術も行っています。是非お気軽にご相談ください。

症例・関連情報

ぎっくり腰になったらとにかく休みましょう
ぎっくり腰のお客様が来院されました
ぎっくり腰、実は・・・

学芸大学ゆらし療法院のご案内

住      所:
〒152-0004 東京都目黒区鷹番3丁目1-3 リエール鷹番501
アクセス:
学芸大学駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
03-5708-5332
営業時間:
土曜日: 10:00〜19:00
日曜日: 10:00〜17:30
休業日:
月曜日~金曜日、不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ