目黒区にお住いのあなたのホームセラピスト。痛くない身体にやさしい整体で腰痛肩こり改善の実績が多数あります。

学芸大学ゆらし療法院


(膝)半月板損傷

半月板損傷

半月板は、膝関節(大腿骨と脛骨を接続している)内にあるアルファベットの "C" の形をした軟骨状の板で、脚の外側と内側とにそれぞれ1枚、計2枚が片方の膝にあります。半月板は膝関節内での衝撃を吸収し、安定性をアップするためのクッションとしての役割を果たしています。

半月板損傷
膝は身体の中でも特に体重による大きな負荷がかかる場所ですので、半月板にも繰り返し大きな力が加わっています。事故によって身体の外部から強い力が加わった場合や、スポーツでの急激な動きの変化などにより、吸収しきれないほどの負荷がかかってしまった場合には、半月板が欠けてしまったり、縦横斜めに断裂してしまう場合があります。この状態が半月板損傷です。

若いうちは半月板にも十分な柔軟性があり、事故やスポーツでもしない限りは損傷は起きにくいですが、加齢に伴い変形したり、傷つきやすくなっていきますので、40歳以上ではちょっとした力で損傷が起きてしまうこともあります。

半月板が損傷すると、膝の曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じたり、膝に水がたまってしまうこともあります。さらにひどい場合には、急に膝の曲げ伸ばしができなくなる「ロッキング」という状態になり、歩けなくなるほどの痛みが出る場合もあります。

当院のアプローチ

半月板損傷は、その名の通り半月板が傷ついてしまうという器質的疾患であり、当院で施術を行ってもそれが元に戻ることはありません。しかしながら、腰から太もも、ふくらはぎ、足の裏などの筋肉の緊張を解消することによって正しい膝関節の動きを取り戻し、さらにこれらの筋肉の緊張によって狭くなっていた膝関節内に本来あるべき空間を確保することにより、半月板にかかる負担を均一にしていきます。その結果、痛みやひっかかり、膝の水といった症状が軽減していきます。

半月板損傷は、ゆらし療法が最も得意とする4つの症状(肉離れ、半月板損傷、オスグッド、紫斑病)の一つです。どこに行っても改善されなかった方、手術を避けたい方は迷わずご相談下さい。
 

症例・関連情報

(半月板損傷)7回の施術を終えて
 

学芸大学ゆらし療法院のご案内

住      所:
〒152-0004 東京都目黒区鷹番3丁目1-3 リエール鷹番501
アクセス:
学芸大学駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
03-5708-5332
営業時間:
土曜日: 10:00〜19:00
日曜日: 10:00〜17:30
休業日:
月曜日~金曜日、不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ