目黒区にお住いのあなたのホームセラピスト。痛くない身体にやさしい整体で腰痛肩こり改善の実績が多数あります。

学芸大学ゆらし療法院


(踵)シーバー病

シーバー病

セーバー病、踵骨骨端症とも呼ばれます。オスグッド病と同様にスポーツをする成長期の子供(小学校高学年~中学生)に発症することが多く、症状が悪化すると踵に強い痛みが出るのが特徴です。

成長痛・シーバー病 成長期の子供の場合、踵の骨の先端が成長軟骨という柔らかい骨でできています。そこにアキレス腱(ふくらはぎの筋肉)や足底筋膜(足の裏の筋肉)が付着しています。スポーツを行い、ダッシュ、ジャンプ、着地といった動作が繰り返されると、これらの筋肉が収縮、伸張を繰り返し、踵骨表面の骨膜が疲労し、やがて炎症となり痛みが出てきます。

加えて、成長期の子供の場合には、骨の成長の早さに筋肉の成長が着いていけないために筋肉が常に伸びている状態となり、筋肉本来の柔軟性が低下しているケースがあります。そのため軽い運動であっても、地面からの衝撃をうまく吸収できず、踵骨表面に疲労が溜まりやすいという状態になっています。

シーバー病は成長期が終わるまでは我慢するしかなく、痛みを感じたらすぐに運動を中止して休ませることが一般的です。最近では、シーバー病の理解も進み、スポーツの現場では無理をさせないということが常識になっていますが、試合や練習時には軽い興奮状態となって一時的に痛みを感じなくなっていたり、子どもにとっては痛みを隠してでも頑張ってしまう場合もあるので注意が必要です。

当院のアプローチ

当院では、シーバー病の痛みの根本原因は疲労であると考えています。過度の疲労によって主に大腿部、ふくらはぎ、足底の筋肉が慢性的に緊張状態に陥り、加えて成長期特有の筋肉の柔軟性の低下から、踵骨が常に引っ張られているいるような状態になってしまいます。すると可動時に関節軸に微妙なズレを引き起こすことで痛んだり、踵骨表面に炎症が発生し痛みが生じるのです。

シーバー病は、成長期が終わるまで待たなくても、きちんと筋肉の疲労や緊張を解消することで、筋肉の柔軟性と関節本来の動きを取り戻し、痛み無く運動を行うことができるようになります。

どこへ行っても改善されなかった方は、是非ご相談ください。

症例・関連情報

シーバー病の男の子が来院されました

学芸大学ゆらし療法院のご案内

住      所:
〒152-0004 東京都目黒区鷹番3丁目1-3 リエール鷹番501
アクセス:
学芸大学駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
03-5708-5332
営業時間:
土曜日: 10:00〜19:00
日曜日: 10:00〜17:30
休業日:
月曜日~金曜日、不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ