目黒区にお住いのあなたのホームセラピスト。痛くない身体にやさしい整体で腰痛肩こり改善の実績が多数あります。

学芸大学ゆらし療法院


無痛ゆらし療法は怪しくない!

「ゆらすだけで痛みがとれるなんてちょっと怪しい感じですよね」というお言葉をいただきました。

 

先ずお話しすると、無痛ゆらし療法には、ゆらすだけではなくて、触れたり、優しくなでたり、軽く引っ張ったりなど様々な手技があります。「ゆらす」というのは象徴的な手技ではありますが、それだけではありません。確かに、「肉ばなれ」がゆらして良くなると言われたら、怪しい感じですよね。でもご安心ください、それだけではないのです。

 

では、折角なので、ちょっとだだけ理論的な側面を見てみましょう。

明治国際医療大学の伊藤和憲准教授はその著書「痛み・鎮痛の基本としくみ」の中でこう述べています。

 

「本来、身体にとって痛みは警告信号です。痛みという情報を元に身体を日夜防御しています。しかし、一方で痛みは耐え難い苦痛です。そのため、身体は痛みから逃れるための回避システムを使って危機的状況から脱しようと工夫します。通常、そのシステムは作動していませんが、身体をさすったり、揉んだりするなどの体性刺激を加えると、回避システムが作動し、痛みが和らぐように作られています。」

 

この中に出てくる「体性刺激を加える」方法には、たくさんの方法があり、皆さんが良くご存知のマッサージや鍼灸もそうです。無痛ゆらし療法のゆらす、優しくなでるというのもそれにあたるのです。

 

多くの方法がある中で、無痛ゆらし療法に特徴的なのは、とにかくやさしく、やさしく、軽い刺激で痛みなく行うこと。痛い刺激はさらなるストレスを生みますし、強い揉みは防衛本能を働かせてしまい、その場はよくても後で「揉み返し」と言われるような別の痛みを誘発させてしまったりすることもあります。とにかく、痛いことは一切しないで、痛みをやわらげ、筋肉の緊張を解いていくことで、本来の無理のない動作、体調に戻していくというのがこの療法です。

 

皆さんの痛みを取って普通の生活ができるようにしてあげたいという思いは誰よりも強くありますが、決してゆらしながら、「痛いの痛いの飛んでいけー」とおまじないをかけているわけではないのです。

 

怪しくないですよ(笑)

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

学芸大学ゆらし療法院のご案内

住      所:
〒152-0004 東京都目黒区鷹番3丁目1-3 リエール鷹番501
アクセス:
学芸大学駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
03-5708-5332
営業時間:
土曜日: 10:00〜19:00
日曜日: 10:00〜17:30
休業日:
月曜日~金曜日、不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ